ルックルックベリーの秘密

VDT症候群

VDT症候群ってよく聞くようになったのですがどういうものなのでしょう?

 

 

VDTというのは、ビジュアルディスプレイターミナルの略で、コンピューターのディスプレイなどのことをサシます。
これを長時間使用しず付けたことによって、目を始め、心身に支障をきたす病気のことをいいます。

 

症状

主に目に関する症状が中心ですが、場合によっては体や心に影響があります。
肩が凝るなどの症状から、全身がだるくなったりもします。

 

目・・・ドライアイ、充血、視力低下、眼精疲労
体・・・肩、首、腰まわりの凝り。症状がひどくなると背中が痛んだり、手足がしびれてきたり。
心・・・イライラ、不安感、抑うつ、食欲減退など

 

対策・予防法

  • 目を休める
  • 1時間毎に約10分休息をとるようにしましょう。

  • ストレッチ
  • 時々休憩をして、体をほぐすようにして、血行を促進させましょう。

パソコンのディスプレイから発せられるブルーライトもよくありません。ブルーライトから目を保護するように、ブルーライトカットメガネをするというのも対策の一つです。

 

  • 画面との距離は40センチ以上離す
  • 視線が下向きになる位置にディスプレイを置く
  • 室内とディスプレイの明るさの差ができるだけでないように
  • 姿勢にも気をつける
  • 目の乾燥にも注意する

 

 

これは、パソコンだけでなく、ゲームでも言えると思います。
やはり長時間同じ姿勢で、画面を見続けるということは、目をはじめ、健康上よくありません。
かといって、仕事の場合はやらないわけにもいきませんので、時折ストレッチをするなり、
休息をとって、画面から離れて目を休めるようにしましょう。